牛車腎気丸 | 千葉県船橋市で五十余年の漢方と鍼灸の三田浜薬局

牛車腎気丸

漢方処方解説

牛車腎気丸とは

腎陽を補う(腎に力を与える)ための漢方薬です。腎陽が減ると水分代謝が悪くなり、むくみ、頻尿、排尿困難などの症状が起こると東洋医学では考えています。また、腰痛も腎陽不足によって起こると考えられています。

牛車腎気丸を構成する生薬

地黄・山茱萸・山薬・茯苓・桂皮・牡丹皮・沢瀉・牛膝・車前子・附子

効能効果

腰痛・足のむくみ・排尿困難・頻尿など

短評

高齢になってくると腎の気が少なくなります。腎の気が少なくなると白髪が増えたり、髪が抜けたり、腰が悪くなったりします。そのため、鍼灸では腰痛を治す時に補腎のツボ(足:太谿)に灸をすえて腎の気を補いながら腰痛の治療を行ったりもします。牛車腎気丸は腎の気を補い、腎気不足による腰痛や頻尿・排尿困難などに用います。

★当ページを見ただけで個人の判断で漢方を服用しないでください。医師や薬剤師の意見を聞き、相談してから服用してください。