肉体疲労 | 千葉県船橋市で五十余年の漢方と鍼灸の三田浜薬局

肉体疲労

疲れの原因について考えよう

「あ~疲れた。もう動けない」 「土日は家で寝てようかな」 なんて言葉をつぶやいてばかりいませんか? 確かに仕事が疲れるのはわかりますが、平日は仕事、土日は睡眠なんて生活をしていると体力が衰え、余計に疲れやすくなってしまいます。

疲れについて東洋医学的に考える

年齢、仕事、趣味、運動など肉体疲労を引き起こす要因はたくさんあります。「昔はもっと動けたのに」とか「ちょっと動くとすぐ疲れる」などの様なことがあると少しずつ自信を無くしていきます。東洋医学では腎の気は年齢とともに減り、それが老化として様々なところに出てくるとされています。

肉体疲労の薬はこれだ!

腎を補う生薬

腎を補うものとしては鹿茸が有名です。鹿茸は女性の不妊症や男性の不妊症でもよく使われ、腎を補ったり、体を温める効果の高い動物生薬です。しかしながら、かなり高価であるため栄養ドリンクの中でも高価なものにしかはいいていません。

どういうものが疲労にいいの?

疲労にはどのような漢方薬がいいのかというと ニンニク成分と漢方薬の成分を配合したオキソピンがいいでしょう。オキソピンは高価な鹿茸を含んでおり、腎を補いつつ疲労を回復させていきます。また、オキソピンは体力の底上げもしてくれています。風邪を引きやすいような方にもおススメです。