今年の夏バテの傾向 | 千葉県船橋市で五十余年の漢方と鍼灸の三田浜薬局

今年の夏バテの傾向

夏バテの傾向

今年の夏バテの主な原因は湿度です。普段であれば九月に来る夏バテが2か月前倒しで7月からバテている方を多く見かけます。また、夏バテで疲労するだけではなく、体の深いところにまで入ってきて胃腸を疲れさせ、軽い吐き気を起こしたり、時には下痢、嘔吐まで引き起こします。

夏バテの漢方薬

夏バテに霊黄参

今年は霊黄参がよく効きます。霊黄参は体にある無駄な熱を取り、疲れた心臓の機能を高めてくれます。
できれば、霊鹿参を足すとより効果的です。霊鹿参は胃腸機能を高めてくれます。

東洋医学的な観点から

今年の場合は体にある陰の気だけでなく陽の気まで枯れているような気がします。
ちなみに陰の気を補うのは霊黄参、陽の気を補うのは霊鹿参であり、今年はこの二つがいるような気がします。