咳 | 千葉県船橋市で五十余年の漢方と鍼灸の三田浜薬局

blog_topgazou

咳が流行っています

咳、特にタバコによる咳や過去にタバコを吸っていた方の咳の相談が多くありました。 この時期の咳がひどくなる方の特徴として ・アレルギー体質 ・気管が乾燥気味 ・風邪をひいた後体力が戻りきらない ・冷えがある が挙げられます。この時期のアレルギーと言えば「花粉症」ですが、花粉症により他のアレルゲン(アレルギーになる原因物質)にも敏感になり気道が過敏に反応してしまうケースがよく見られます。また、多少乾燥しているため余計に咳が出やすくなってしまいます。 風邪を引いた後体力が戻りきらず弱っている方は体力を戻すことも必要です。さらに体力が弱っている場合には体が温まりきらず、風邪を引きやすい状態となっているので注意が必要です。

咳対策

三田浜薬局にある咳の漢方薬だとヒューゲン、小青龍湯、麦門冬湯などがありますが、おススメのものはありません。咳のタイプが人によって違いすぎるため限定できないのです。咳を鎮めたいという方はお店にご相談ください。

★漢方薬以外での咳対策

漢方薬以外にも対策の仕方はあります。それが「濡れマスク」の使用です。濡れマスクは一般的に夜寝るときに口を開けたりしていて、喉が乾燥するのを防ぐためのものでウイルス除去の機能はほとんどありません。自分は夜行バスに乗るときには必ずつけるようにしていました。咳をしている時に漢方薬を飲み、濡れマスクをつけると喉を潤してくれるので呼吸が楽になります。一度試してくださいね。