疎経活血湯 | 千葉県船橋市で五十余年の漢方と鍼灸の三田浜薬局

疎経活血湯

違いがわかる疎経活血湯

冬場はリウマチにきく漢方薬を探していました。 そこで見つけたのが勝昌製薬の疎経活血湯です。 疎経活血湯はいろいろあるのですが、この疎経活血湯は別格です。 リウマチ以外にも腰痛や関節痛の強い方はご相談ください。  

漢方薬の差は質と量で決まる

漢方薬の効果の出方は会社によって大きく変わります。 特に生薬の質や量で差が大きく出てきます。 産地や栽培方法、品質管理で変わってしまうのです。  

三田浜薬局の薬は新しいものがよく入ると言われますが、日々効果の高いものや評判の良いものを仕入れて自分たちでも試していいものを残していくようにしています。疎経活血湯もその過程の中で見つけました。

社会も日々進化するように漢方薬も日々進化しています。 “漢方は昔の知識だから、変わらないんだろ”と思っている方は三田浜薬局までお越しください。 面白いものがたくさんありますから。 疎経活血湯以外にも新しいものが何種類も入ってきましたので気になる方は是非ご相談ください。